長野県ソーシャルワーカーデー 『ソーシャルワーカーの使命・専門性・可能性』を考えるフォーラムコロナ禍とメンタルヘルス R3/7/11開催

今年度の長野県ソーシャルワーカーデーは、コロナ時代を引き継ぐソーシャルワークの可能性を  見出すべく、フォーラムを開催します。シンポジウムを通じて、医療・福祉・教育など多領域の課題を 共有し、現代の社会的課題であるメンタルヘルスにも焦点を当てながら、ソーシャルワークの視点で 考えていきます。

開催日時 令和3年7月11日 (日) 13:15~16:30 (Zoom受付12:45~)

開催方法  Zoomウェビナーによるウエブ開催

<開催内容>

講演13:15~ 「メンタルヘルス・自殺予防とソーシャルワーク」

講師 福島 喜代子 氏 (ルーテル学院大学 総合人間学部 教授)


シンポジウム14:40~ 「コロナ禍とメンタルヘルス」

シンポジスト 上條 通夫 氏 (公益社団法人長野県社会福祉士会 会長)
塩原 さとみ 氏 (南長野医療センター篠ノ井総合病院)
鈴木 由美子氏 (公立大学法人長野大学社会福祉学部 准教授)
佐藤 みずき 氏 (長野県立こころの医療センター駒ヶ根)
アドバイザー 福島 喜代子 氏 (前掲)
進行役 二宮 美和 氏 (長野県精神保健福祉士協会)

定員:100名   参加費無料  どなたでもご参加いただけます

申込み <こちら>

チラシ <こちら>

お問い合わせ先: 2021swd@napsw.sakura.ne.jp (長野県精神保健福祉士協会 宛)

申し込み〆切:7/9(金)

主催: 長野県精神保健福祉士協会
日本ソーシャルワーク教育学校連盟関東甲信越ブロック長野県支部
公益社団法人 長野県社会福祉士会
一般社団法人 長野県医療ソーシャルワーカー協会
後援: 長野県 社会福祉法人長野県社会福祉協議会   任意団体NPO うつリカバリーエンジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です